リロケーションなら安心|移住に関わる便利なサービス

貯金箱

低リスクの不動産経営

背広の人

マスターリース契約の概要

マンションやアパート経営を行う上で最大のリスクは空室リスクです。空室リスクとはその名の通り、保有している賃貸マンションやアパートに空室が生じてしまい、想定していた家賃収入が得られなくなってしまうリスクです。空室が多い不動産は、収入が得られない一方で管理費用が出ていくので最悪赤字になる可能性もあるのです。そのようなリスクを軽減する方法として、不動産賃貸事業を行っている業者に一括借り上げ(マスターリース)してもらう方法があります。一括借り上げとはその名の通り、不動産賃貸業者がその不動産の賃貸可能な部屋を全て借りてくれるというものです。不動産保有者は一括借り上げをする業者から賃料収入を得る事が可能です。

最大の特徴とは

一括借り上げの最大の特徴は、不動産物件の空室リスクを一括借り上げを行う業者に転嫁できるという点です。マスターリースの契約期間は長期であるケースが一般的なので、一度契約を締結すれば不動産保有者は安定した収入を将来にわたって確保する事が可能です。他方、マスターリースによる賃料は市場の家賃相場の7割程度であるケースが多く、また将来にわたって増額の無い固定賃料である場合が殆どなので、場合によっては本来得られていた収益よりも少ない収入しか得られない可能性があります。マスターリースを締結して一括借り上げをした業者は、その物件を市場水準の家賃で貸し出し、その差額を収益として得る事をビジネスモデルとしています。